HOME > 国土交通省 > 宮崎市内自転車アンケート(九州地方整備局) > 横断歩道の通行

横断歩道の通行

上画像は、宮崎市内における自転車利用に関するアンケート調査の自転車の交通ルールに関する解答と解説(国土交通省九州地方整備局)から、平成25年3月16日引用しました。

自転車に乗ったまま通行してならない規定はない

道路交通法には、横断歩道に歩行者がいる場合であっても、自転車に乗ったまま横断歩道を通ってはならない規定は一切存在しない。

このような状況で自転車に課せられるのは、

・歩行者との間に安全な間隔を保つこと
・徐行すること

のいずれかであり、自転車から降りることまでは法律上の義務とされていない。

「自転車に乗ったまま通行してはいけない」「自転車を押して横断歩道をわたらなければならない」などの説明は、「交通ルール」の説明としては明らかに誤りである。

教則はルールではない

解説において、交通の方法に関する教則を根拠として引用しているが、教則は決してルール(道路交通法の規定)ではなく、ルール外(法定外)の安全上の推奨事項等も多分に含まれている。

そのため、「交通ルール」の解説において教則を根拠として引用することは、明らかに不適切である。
根拠を示すならば、道路交通法上の規定を示すべきである。