HOME > 民間団体 > 自転車検定(自転車活用推進研究会) > 片手運転

片手運転

上画像は、自転車検定(特定非営利活動法人自転車活用推進研究会)の「お試し検定」から、平成25年2月3日引用しました。

自転車は片手運転が認められているも何もない

自転車の片手運転そのものを禁止する法規定は存在しない。
そのため、片手運転が認められるなどという話も存在し得ない。

なお、道路交通法第70条は、片手運転そのものを禁止するものではない。

手信号は危険な場合出し続ける必要はない

手信号(合図)の義務よりも安全運転義務の方が優先である。
そのため、常識的範囲で安全運転義務を果たすだけでも、手信号による危険が生じることはない。
また、法令を正しく理解した上で義務を履行すれば、特段の危険が生じる恐れもなく、法改正を声高に訴えるほどのものでもない。

なお、右左折中は徐行規定により適度にスピードを抑えているはずなので、その点でも、手信号によって必ず危険が生じるとは言えない。